レビトラ再囲タダラフィル前立腺肥大症銉儞銉堛儵閫氳博online銇濄倢銇亗銇仧銇閮姐仹銇? 銉儞銉堛儵銈搞偋銉嶃偗銉几鍏?浠h褰笺伄瑷€钁夛紗ldquo

タダラフィル あすか1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。

威而鋼藥局 威而鋼藥局 シリアス Ed 薬 タダラフィル サワイ 1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。 勃起不全 ltcint_313 必利勁藥局 必利勁藥局 1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。 アリス副作用 1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。 タダラフィル商品名 れびとら販売再開 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。れびとら販売再開 レビトラジェネクリ翰入代行 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。.

1。薬物勃起機能と前立腺液を臨床的に評価して、尿生殖器系のインポテンスや炎症やその他の器質的な問題を除外した後、クロミプラミンを30〜60 mg投与できます。セロトニンを阻害する可能性のあるフルボキサミンの臨床使用も検討できます。薬物治療は、初期段階で70%の有効性に達する可能性があり、数週間後に高い損失率が見られます。明らかに、投薬だけでは、個人またはパートナーにとって重要な2つの当事者間の関係の動的な変化は考慮されません。薬物療法は、固定されたパートナーがいない場合、またはパートナーが性的治療への参加を拒否した場合、または従来の治療後に改善が見られない場合、または患者がうつ病も伴う場合に特に有用です。 2.催眠療法。経口投与が無効な場合、2種類の脱コンディショニング治療が考えられます:(1)週に1回、8週間の催眠の脱コンディショニング。主な目的は、失敗と空想による不安を克服することです。性的興奮を高めます。催眠状態での治療は、あらゆる種類の不合理で間違った考えを排除することができ、それらの考えは催眠後の否定的な示唆効果を発揮する可能性があります。これは、すべての性的障害に内在する否定的な自己暗示に対する解毒剤です。催眠術はまた、恐ろしい性的な出会いの後に患者が精神的に回復することを可能にすることによって、抗不安効果を持っています。催眠は性的不安を軽減し、性的不安を軽減する手段として早漏を使用することを競争的に回避します。 (2)催眠術の第2段階では、患者に提案が行われます。その目的は、患者が早漏をより満足できる行動に置き換えることです。つまり、患者は、視覚的、聴覚的、および身体的なコンテンツを含む肯定的および否定的な行動の両方を彼の単一の性的想像画面に投影する必要があります。徐々に、アクティブに想像されたイメージは、サイズと明るさが増加し続け、最終的にネガティブなイメージを置き換えて克服します。このとき、患者はポジティブな想像力が何であるかを特定することを学び、困難な環境で理想的な想像力を繰り返すことができると感じ始めました。この場合、3つの催眠後のヒントを与える必要があります:「すべての性的活動でますますリラックスしており、ますます自信を持っています」、「私はますます性的興奮を感じており、それほどリラックスしていません。しかし、私はこれまで以上に性行為を楽しむことができます。「性交の時間を長くしたいのであれば、延長する方が簡単です。」患者が自宅での自己催眠の合図の間にこれらの合図を繰り返すことを許可されれば、それは私たちが望む一種の体調不良を強化するのに役立ちます。この種の潜在意識の参加が効果的であると広く信じられています。治療のもう1つの目標は、性的興奮のレベルを高め、ファンタジーを使用して患者にそれを許容できるようにすることです。早漏の患者は、興奮を許容できません。 3.プロスタグランジンE1の適用体内でのプロスタグランジンE1の使用は、2週間の催眠療法後に行われます。週に1回、6週間にわたって毎回20マイクログラム。その目的は、刺激放出の感覚を発見し、勃起を最大化しながら性的興奮への耐性のレベルを高めることです。臨床試験は、プロスタグランジンE1とNOの組み合わせが勃起を誘発するために臨床的に使用できる最も潜在的な血管作用物質であることを示しています。プロスタグランジンE1は2番目に効果的な物質で、パパベリンやフェントラミンとは異なり、持続勃起症を引き起こしません。有機的な問題がない場合、プロスタグランジンE1は3時間勃起を維持できます。患者はときどき軽度の不快感を覚えますが、この問題は注射に少量のエチカインを加えることで解決できます。早漏の患者を治療するときは、有機的な問題、個人的な要因、パートナー間の関係の動的な変化を考慮して、全体論的なアプローチから始める必要があります。治療努力と結果の評価には、両方のパートナーを含める必要があります(過度の内気、落胆、非感情的、緊張した関係)。コンディショニングを取り除く作業は、リラックスした快適で安全な雰囲気の中で行う必要があります。 6週間の治療中、性的興奮への耐性を高めるために治療の目標と手法を確立する必要があり、感情的刺激を触覚、前戯、および幻想との関係に再統合する必要があります。同時に、勃起維持能力に自信のある患者さんは、自分の敏感さをコントロールできるようになるので、しっかりとしたリラックスした雰囲気の中で射精できます。患者は、治療の最初のコース中に長時間勃起する可能性がありますが、患者は挿入しないようにアドバイスされます。その後、陰茎の挿入、完全な挿入、少しのけいれんまたは回転、ランダムなけいれんに徐々に移行し、女性の上部の位置で射精します。治療の過程で、患者は注射なしで上記のエクササイズを実行することも推奨されます。最終的な治療の評価には、個人の満足度の自己評価、早漏による不安の評価、双方の全体的な幸せの評価が含まれます。評価は治療の前後に1回行い、従来の治療方法と比較する必要があります。タダラフィル後発品